周囲への配慮が不可欠!工事に関する規制について学ぼう!

周囲への配慮が不可欠!工事に関する規制について学ぼう!


工事ができる時間帯は法律で決まっている

道路工事や建物の建築工事など様々な工事がありますが、いずれの場合も騒音が発生するのが普通です。作業車両や工具から生じる凄まじい騒音は周囲に響き渡り、近隣住民の生活に悪影響をもたらすこともあります。しかし、工事を実施できる時間は法律で厳しく制限されているので通常なら夜間まで騒音に悩まされることはありません。工事ができる時間帯は地域によって異なりますが、住宅地や商業地など人が多く居住する場所は午前七時から午後七時までとされています。また、一日における作業時間も十時間以内と定められている他、六日を超えた連続作業もできません。工業地帯の場合は午前六時から午後十時までが作業可能な時間帯であり、一日の作業時間も十四時間以内です。

工事を行う際は近隣への挨拶を行うのがマナー

法律で定められている規制を守るのは当たり前のことですが、それ以外に近隣住民への挨拶も忘れてはいけません。工事は環境の改善や安全性を向上させることを目的とした必要な行為ですが、騒音や振動によって周囲に多大な迷惑をかけているのも事実です。工事を行う前の挨拶は社会的なマナーであると同時に、騒音や振動による迷惑への謝罪の意味も込められています。挨拶の有無で心証は大きく変化する他、社会的な評価にも影響します。周囲への配慮を忘れない優良企業と好意的に見られるか、自分勝手な迷惑企業と否定的に見られるかは事前の挨拶で決まると言っても過言ではありません。円滑に作業を進めるためにも誠実な姿勢で挨拶を行う必要があります。

建設機械は使用環境が過酷な為、型式が新しくても状態の悪い物もあるので注意が必要です。中古の建機のオークションを利用する場合は、稼働状況や部品の交換歴、修理歴を必ず確認しましょう。