ダンボールでDIY!おしゃれな収納ボックスを作ろう

ダンボールでDIY!おしゃれな収納ボックスを作ろう


不要なダンボールは捨てずにDIYしよう

手軽に注文できる通販サイトは、ついつい頼みすぎて自宅に大量のダンボール箱が溜まっているというご家庭は少なくありません。一般的にダンボールは資源ごみとして処分しますが、軽量で扱いやすく丈夫という特性を利用してDIYの素材に活用することをおすすめします。ダンボールはハサミやカッターを使えばお子さんでも加工することができるので、家族で一緒にDIYを楽しみたいという場合にもおすすめな素材の1つです。DIY方法は様々で、洋服の収納ボックスを作成したり、お子さんのおもちゃを入れるおもちゃ箱を作ることも可能です。小さくカットして引き出しの中の整理に役立つ間仕切りを作成したり、室内に設置するゴミ箱など使い道は無限大です。

DIYでおしゃれな収納ボックスを作る

DIYにダンボール箱を素材として使う場合、無地のダンボールなら加工しやすいですがダンボール箱によっては商品名や店舗名がしっかり印刷されているタイプもあるので、印刷面がそのままでは見栄えがよくありません。そこでDIYする際には表面におしゃれなリメイクシートや直接布地を貼り付けることで、おしゃれな収納ボックスとして生まれ変わらせることができます。初心者向けの収納ボックスの作り方は、ダンボールを希望のサイズで箱型になるようにカットし、側面を木工用ボンドで貼付け、更にガムテープで補強すれば簡易的な箱が作成できます。印刷部分が出るようなら好きなカラーの画用紙やリメイクシート、マスキングテープなどで隠せば完成です。

熱風乾燥炉は50℃から最大200℃程度の温度です。数十分で200℃前後まで上昇させることができます。高温のため、取り扱いには十分注意が必要です。