種類別にみる工事の内容と必要な許認可とは?

種類別にみる工事の内容と必要な許認可とは?


工事には数多くの種類がある

工事というと、一般的には道路の補修工事や建物の建築工事をイメージすることが多いのではないでしょうか。しかし、世の中に存在する工事の種類はそれだけに留まりません。法律上は、29種類もの工事の種類が定められているのです。もっとも多くの工事業者が存在するのは、建築一式工事と土木一式工事の2つです。土木一式工事というのは、ダムなどの土木工作物の建設に必要な一通りの工事であるのに対し、建築一式工事というのは、建物などの建築物を建てるのに必要な工事一式を意味します。いずれも工事に必要なプロセスの大部分をカバーしていることから、多くの業者がこれらのどちらかを行いたいと考えるわけです。

なお、この2つ以外にも27種類の工事が存在しており、それらの中でも左官工事や大工工事は一般人にも比較的なじみの深いものです。あまり聞き慣れないものとしては管工事や熱絶縁工事などもありますので、この機に覚えておくとよいでしょう。

工事ごとに必要な許認可が異なる

工事は誰でも自由にできるビジネスではありません。耐震基準を満たさないような違法建築物が街にあふれると、社会が不安定になりかねないため、工事を行うためには基本的には国の許認可が必要となるのです。許認可の取得手続きは29ある工事の種類によって異なっており、いずれも専門的な書類を用意する必要がありますので、自分一人ですべて整えるのが大変そうであれば、行政書士などの専門家に相談して、手続きを代行してもらうという方法もあります。

建設機械は使用状況が過酷であり、使用年数が短くても各部が傷んでいる可能性があり、注意が必要です。中古の建機のオークションを利用する場合、修理履歴や法定点検の受験履歴を確認するようにしましょう。